物忘れしないために脳を鍛えよう

物忘れしないために脳を鍛えよう

最近、物忘れがひどくて、認知症かもしれないとドキッとした事ありませんか?

 

物忘れと認知症は別の物となります。人の名前が出てこない時に、その人、本人をわかっているが名前だけ忘れた場合は、物忘れと言えます。その人自身がわからなくなってしまうなど、その忘れたもの自体がわからなくなってしまう場合、認知症である可能性が高くなります。また、物忘れが進行して、認知症になってしまう事もあります。ですから、物忘れかもと思ったら、早めに予防してあげる事も大切です。

 

物忘れは、年をとり、脳が老化する事で起こりやすくなります。ですから、脳が老化しないように鍛える事で、物忘れは防ぐ事が出来ます。では、どうやって脳を鍛える事が出来るのでしょう?いくつか、脳を鍛える方法を紹介しましょう。

 

まず、脳に刺激を与える事が脳の働きを活発にします。感動すると、ドーパミンという物質が出て脳を刺激します。その刺激により、脳は活発に働くのです。いつまでも、好きな事をしたり、色々な事に興味を持つ事は、脳にとって、とても良い事です。

 

よく女性が韓流スターやアイドルに夢中になったりしますが、それは、脳にとって、すごく刺激になるので物忘れ予防になると言えます。お気に入りのスターを作る事は、物忘れ予防には効果抜群です。

 

次に、脳をフルに使用する事です。脳は、使わないと老化を促進してしまいます。今の世の中、とても便利になり、若い人でも脳を使う事が少なくなり、脳が老化してしまうと事もあるようです。

 

そこで、脳をフル回転させるために、同時に複数の作業をする事をおすすめします。この作業が一番、必要なのが料理だと言われています。ステップを考えながら、常に頭を使う必要があります。食事は、毎日する事なので、そこで脳を鍛える事も兼ねて自炊すると良いかもしれません。

 

年をとり、脳が老化していくのは、自然な事です。でも、少し脳を鍛えてあげるだけで、老化を予防していく事は出来ます。とても便利な世の中なので、あまり考えなくとも快適に過ごす事が出来ますが、将来の為にも、しっかりと脳を使ってあげる事が、物忘れ予防となります。

 

前の記事:激しい忘れ物の原因と考えられる病気の因果関係
次の記事:物忘れにはアロマテラピーで対策を